かなえられた想い

薬剤師店舗に登録販売者は不要と言われながらも、私はとことん薬剤師店舗での勤務にこだわった。

ウチの場合、正社員登録販売者以外は登録販売者手当なんてつかないので、登録販売者という立場にはなんのこだわりもなかった。

私がとことんこだわったのは長年薬学教育を受けた者にしか持ちえていない専門知識である。

私にはその専門知識が全くないので、自分の接客に納得できない部分が多すぎるのである。

だから接客した後に必ず薬剤師さんの考え方を聞かせてもらうようにしている。

私の目の前にいるお客さんに、いつもより良いアドバイスがしたいという思いだけは捨てずに仕事をしてきた。

心と体に関する、たった一言のアドバイスがその人の人生を大きく変えてしまうということを私は過去の職歴の中で経験させていただいた。

だからより良いアドバイスというものにこだわり続けているんだと思う。

6月1日に、ウチの店にやってきた薬剤師さんが、なんというか、思わず「先生!!」と呼びたくなるような方なのだ。

薬学全般の知識が深く、OTC販売経験も長く、漢方にも詳しく、当然医療用医薬品にも詳しい方なのだ。

何よりすごいと思ったのが、セールス上手!!

売る!!売る!!

高額商品をとにかく売る薬剤師さんなのだ。

ちなみにこの薬剤師さんは接客専門薬剤師さんとしてウチと契約しているようだ。

だから自分の手当分に相当する額を売らなければ契約更新はないようなのだ。

契約上、接客以外の仕事はしないわけだけど、とにかくコンテスト品を赴任初日の朝からガンガン売ってくれているので誰も文句は言わない。

みんな口をそろえて「スゲー!!」とあっけに取られている毎日なのだ。

私はこの妥協のない接客を貫く薬剤師さんを心から尊敬している。

薬剤師さんの経歴を聞かせてもらって、普通のサラリーマンとは何かが違うその理由がわかった。

リスクを背負って長年生きてこられた方には、他人が決して真似ることのできない人間力が備わっている。

その人間力に人は惹かれるのだと思う。

あたしだって、ああいう接客をされたら、1万円くらいの買い物を喜んですると思う。

それも「是非、買わせてください。」なーんて言うと思う。

最近は、2人の薬剤師さんと、事あるごとに「相談できる店」を作り上げていこうと話しあっている。

私が薬に関わるのは全くのボランティアの領域になってくるのであるが、今まで学びたかった事を実践を通して学べる環境に身を置けることに深く感謝している。

薬剤師さんと薬のことで、あーでもない、こーでもないと深く話しあう事が多くなり、ふと気がついた。

flairあれ、いつのまにか私の想いがかなえられていたと。

デキる薬剤師さんとの出会い、これも一種の引き寄せの法則

いつでも引き寄せの法則 願いをかなえる365の方法

なんだかとっても読んでみたくなったぞ。

| | コメント (0)

伝道師

さすがVOCEだよね~。

Korean Aromatherapyときたもんね~。

おしゃれなキャッチコピーだよね~。

でも雑貨屋さんで買った場合、ちゃんとした説明とか受けれないわけよね~。

精油の扱いに似てるよな~。(苦笑)

精油と一緒である人にとっては救世主”となりうるものが雑貨扱いだもんなぁ~。

VOCEに雑貨屋さんといったら限られた年齢層の人しか縁することができないよね~。

当然、田舎の雑貨屋さんには置いていないわけだし。

まさかね~ウチでね~それも私が担当するとはね~。

資料を見た時のあの“売れる!!これはイケル!!”という直感はいったいどこからやってきたものなんだろう。

あの時はVOCEKorean Aromatherapyと紹介されていたことすら知らなかったわけだし。

実際自分で試してみて直感は確信に変わったわけだけど。

でもさぁ~600年以上前より行われている伝統的民間療法が雑貨扱いだもんな~。

いくつかのサロンのHPも拝見させていただいたけど、これって薬事法スレスレ?ってのが多いような気がいたしました。

当然、田舎にはそんなおしゃれなサロンなどもなく、ましてやよそさまの国の伝統的民間療法だ。

その名前すら耳にしたことがないという人の方が多いと思う。

Korean Aromatherapy私に大きな感動を与えてくれた。

感動が行動の原動力となっているせいか、まわりのスタッフを知らず知らずのうちに巻き込んでいるようで皆から「パワフル!!」などと笑われたりする。

確かにみんなにKorean Aromatherapyの素晴らしさを伝えるたびにパワーが充電されていくという感覚はある。

| | コメント (0)

無言のメッセージ

私の職場はメガではないけれどン百坪のそれはそれは広いドラッグストアである。

でも最近は、ココはパパママストアか?と思ってしまう。

スタッフがどんどん減らされていったからだ。

当然、医薬品コーナーに常駐できるスタッフなどいない。

医薬品コーナーを通りがかった時、時々医薬品を手に取り箱に書いている説明を読んでいるお客さんの背中から“声をかけて欲しい”という無言のメッセージを感じ取ってしまうことがある。

でも私はそのメッセージに気がつかないフリをして作業現場へと足早に戻る。

不思議のもので、作業しながらも、そのお客さんの発する無言のメッセージがどうしても気になっている時は、私がいるべき作業現場でそのお客さんとまた出会ったりする。

こうなるとである。

だと観念した時は潔く作業そっちのけで客さんと私との世界を築き上げる。

お客さんのお話を聞かせていただき、私の経験上の話をさせていただく。

私の経験上の話というのはかつて勤務したことがある精神科で学んだ事柄である。

その経験上の話を目の前のお客さんに引き出されてしまう。

最近になって私とするお客さんにある共通点があることに気がついた。

初期のウツ状態なのだ。

過去の職場でウツ状態の来所者を数人担当していたことが今の職場でこんなに役立つとは正直意外であった。

私の経験話から皆さん自分で答えを見出していくようで、話始めた時は暗い笑顔のない表情だったのに、何かがふっきれた瞬間に笑顔が戻るようである。

そして同一人物?と思ってしまうような笑顔で「ありがとう。」と言ってくださる。

その心のこもった「ありがとう。」という言葉を聞くたびに私の魂が浄化されていくのを感じてしまう。

私にのあるお客さんが持っているキーワードは介護ウツ育児ウツ更年期ウツであることがわかった。

精神科では当然対面の原則にこだわって仕事をしてきたから、あの時の経験がこうして誰かの役に立っているのかなぁなどとしみじみ思うのであります。

| | コメント (0)

アニマルセラピー

今日、待望のネコメールが届いた♪

きゃ~~~♪かわいいぃ~~♪と、パソコンの画面を思わずなでるわたし。ヾ(・ω・o) ォィォィ

その瞬間、なるほど~♪と過去に見学したアニマルセラピーの現場を思い出し、あの病院どこだっけ?と検索を試みた。

当時はアニマルセラピーを導入している病院はまだ少なかったけど、今はいっぱいあるみたいで、結局どこの病院へ見学に行ったのか思い出すことは出来なかった。

検索していたらアニマルセラピーに関する記事を見つけた。

見学した当時のことを思い出しながら読んでいた。

その場にネコがいたかどうかという記憶はないのだけど、参加している犬たちに感動したことは覚えている。

ほんと♪賢いというか、やさしいというか、おおらかというか。

もちろん活動への適正のある犬たちが選ばれているのだけど。

我が県でもアニマルセラピーを導入している施設があるのかどうか調べたけど、なかった。

あ゛~♪それにしても、ネコメールに添付されていたネコちゃんの写真がかわいい~♪

ネコちゃんの名前もかわいい~♪

お昼休みとかにもネコちゃんを見たいので、自分の携帯へネコメールを転送してみた。

きれい♪きれい♪きれいに見える~♪

またネコメール来るといいなぁ。

これって?催促??(*゚▽゚*ゞ

| | コメント (0)

スコポレチン

手元にあったノニのパンフレットを何気に見ていたら、ノニにはバイアグラ同様の効果があるといわれているという文章が目に飛び込んできた。Σ('◇'*)エェッ!?

このパンフレットは販売目的で作成されたものではないので法律上は問題ないようである。

私もノニをまじめに飲んでいるのだけど、確かにいい感じなのである。

やはりリラックス効果があったようだ。

最初は気のせい?って思ってたんだけど、パンフレットで確認したら、スコポレチンというノニの有効成分が脳の緊張を解く効果があるんだって。φ(・_・。 )フムフム

まさかとは思うけど、「バイアグラ」で検索してこの記事にたどりつく人がいるかもしれないので、

一応冒頭の続きを書いておきますね。(*^-゚)v

ノニに含まれるスコポレチンがバイアグラ同様、血流量増加作用をもたらし陰茎への血流量を増やすとそのパンフレットには書かれてあったのです。

う~んでもね~バイアグラ同様というのはちょっと言いすぎのような気がするのですが。

念のためネットでスコポレチンで検索してみたんですね。

さすがにバイアグラ同様という記述はなかったですね~。

でも、こ~いう男性特有のデリケートな悩みを抱えていらっしゃる方は980万人ともいわれているのです。

あ゛~こんな記事書いてたら、やっぱりアロマを真剣に学び直したくなってきた~。

| | コメント (0)

多分無事?

脳内出血で右半分の麻痺した機能が戻ることはないと医師、作業療法士、理学療法士から宣告された母。

あれからもう約6年。

母は杖をついてリュックを背負い一人でツアーに参加できるまでに回復した。

年金受給者ばかりが参加しているツアーなので障害者に認定されている母の参加を介助者なしでも受け入れてくれている。

今回は2泊3日で上高地へ行き、今日帰宅してるはずである。

何の連絡もないということは

多分無事に帰って来たのだろう。(^。^;)ホッ

あの日、病院側からの宣告通り、母も私も、もう右半分が動くことはないのだとあきらめていたとしたら、今の結果はなかったかもしれない。

私は東京にいた頃、ある事故が原因で何年も動かなかった足が動いた話を聞いたことがあったし、大阪では、ある企業主催のハーブ体験発表会で何度も、医師の宣告とは全く逆の結果が出ている事例を目にし、直接、当時者から体験談を聞かせていただいた事が何度もある。

運がよかったのか母もそのハーブ体験発表会を見学したことがあったのだ。

だから母は必ず動くはずとリハビリしながらも動く右半分を常にイメージできたのではないだろうか?

そして私も絶対右半分が動くようになると信じて疑わなかった。

きっと母も“強運”の持ち主なのだろう。

なんだか私のまわりには

“強運”の持ち主が多かったりする。(*^-゚)v 

| | コメント (0)

言葉

「言霊」という言葉が存在するのだから、言葉にはきっと不思議な力があるのでしょうね。

今日も一人さんの言葉に背中を押されたわたしです。

そうなんですよね。

やらずにできるわけがないのに、ついつい過去の「やれなかった」事実を思い起こしては、あれこれ考えてしまうんですよね。

「やれなかった。」ではなく

「やらなかった。」だけなのにね。ヾ(_ _*)ハンセイ・・・

私も一人さんのように

「やったら、あまりにも簡単に乗り越えられるのでびっくりしますよ。そんなもんですよ人生は!」

と、普通にさらりと言えるような人になりたいな~。

言葉だけでココロがふわっと軽くなったりするのだから、ほんと♪言葉ってすごいですよね。

| | コメント (2)

答え

もしかして、選択したコトが間違っていたら、ココロが重いのだろうか?そんなことをさっきまで考えていた。

そしていつもの日課でハシちゃんさんのブログを訪問した。

なんと!!答えがそこにあった!!

やっぱり私の選択は間違っていた。

明日、「NO」を撤回して打診されたコトを「私で良ければ。」って引き受けよう。

そっか~♪

人を喜ばせる・人の役にたつにはどうすればいいかを常に考えていたら、今日みたいにココロがドヨヨ~ンな状態になったりしないわけだ~♪

| | コメント (0)

999

私が使用しているあるものに「999」という数字がついている。これは私が選んだのではなく割り当てられたものである。

最近、数字にも意味があるという記事を見つけた。

「999」は三位一体の3つのレベルの象徴。完了。神聖な使命の数字。

という意味があるらしい。Σ('◇'*)エェッ!?

ちょっと思い当たることがあるんですけど。

私のように、気になる数字を持っている人は一度ドリーン・バーチュー(著)『エンジェル・ナンバー』を読んでみるといいかも。

私も立ち読みしようと近くの本屋さんへ行ったのですが、やっぱり置いてなかったです。

江原さんの本とか風水の本はわんさか置いてますけどね。

| | コメント (0)

ゲシュタルトの祈り

私は私のために生き、あなたはあなたのために生きる。

私はあなたの期待にこたえて行動するためにこの世に在るのじゃない。

そしてあなたも私の期待にこたえて行動するためにこの世にあるのではない。

もしも縁があって、私たちがお互いに出会えるなら、それはすばらしいこと。

出会えなければ、それはしかたのないこと。

皆様はこの詩ご存知でした?

ユダヤ人の精神科医の詩です。私、精神科で何年も働いておきながら、さっき初めてこの詩を知ったんです。ゲシュタルト療法という名もさっき初めて知りました。ヾ(ーー )ォィ 

精神科のことを調べてたわけではないのです。ちょっと気になるタイトルのブログがあったのでそのブログをクリックしてみたら、この詩が書かれてありました。

「ゲシュタルトの祈り」で検索すると多くの人がこの詩をブログで取り上げていることがわかります。有名だったんですね~。

最近、偶然とはいえ、私にとっては絶妙のタイミングで精神科関連の記事に出くわしていたりする。

実は「登録販売者」試験を受けるのは、今の仕事のためというよりは、ライフワークとしてやっぱり“トライ”してみたいって思える分野が出てきだしたからなのである。

と、いうことで、今日は皆様となぜか「ゲシュタルトの祈り」という詩を分かち合いたかったのです。

偶然、私のブログに迷い込んだ方が、この詩に出会えた事で心の中を苦しめている得体の知れない何かから一瞬でも解放されたら幸いです。

あ、ちなみに私の心の中も煩悩だらけです。(^^ゞ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧