« 6月1日 | トップページ | 検索ワード/フレーズ »

薬種商試験を受けた方のブログ

時々、読ませていただいているブログがある。

薬種商試験に合格されて21年、薬屋さん勤務歴は25年という大ベテランの方が書かれているブログなのでご存知の方も多いはずです。

この方がお住まいの地域では登録販売者のアルバイト時給は750円~のようです。

ウチの会社の場合、登録販売者であってもアルバイトなら600円台の時給です。

結局、ウチのような貧乏ドラッグストアにおいては登録販売者であってもなくても時給に差はないということです。

この方のブログでも登録販売者の実務経験について触れられていたのだが、薬種商試験を受けた方にしてみれば、実務経験と呼べる実務を積んでいないにもかかわらず、勤めていたドラッグストアや薬局から「実務経験証明書」をもらい登録販売者試験を受けているという事実に大きなショックを受けるのは当然のことだと思う。

あの実務証明書もかなりの曲者でいくらでも拡大解釈可能なのだから笑うしかない。

ぶっちゃけ、受験者の勤務する企業が医薬品を扱っているという事実さえあれば、受験できる仕組みになっているようだ。

実務1年という受験資格なんて登録販売者から薬を購入することになる消費者の事を考えて作られた受験資格ではなく、小売りの新規参入組への障壁の為に設定されたものと解釈したほうがいいようだ。

私も医薬品販売の実務を積んでいない登録販売者を知っているが、結局、実務を積んでいなければ、登録販売者という名札をつけていても、実務経験のある登録販売者に接客を頼まなければいけないという状況になってくるわけである。

ある地域ではさっそく「2類の薬を買ったが説明なんてしてくれなかった。」と、保健所へ電話をされた方がいらっしゃるようですね。

その方はきっと、今まで薬を買った時に説明なんてしてもらえなかったけど、6月からは、薬の説明をしてもらえると思っていたんでしょね。

ウチも1類以外は何にも変わってないですけどね。

相変わらず、1類以外の医薬品は食品&雑貨レジにてセルフ販売しておりますわ。

|

« 6月1日 | トップページ | 検索ワード/フレーズ »

コメント

登録販売者試験の手引きの範囲での接客だと少々難しいかな?と私は思います。

半年もあれば全ての市販薬の薬の主成分と効能を把握できると豪語する方もいますが、私は物覚えが悪いかも知れませんが、店に置いてあるものをある程度、覚えてお客様に、触りだけでも説明するにいたるまで時間がかかりました。

例えば、ステロイド剤に関してどの成分、どの製品名が五段階の内の3~5群なの?
(要はどっちが強いステロイドかどうかって事)
防風通聖散と防已黄耆湯の違いは何なのか?お客さんに説明できるのか?
などなど色々ありますが、それら全ての登録販売者がで知っているとは考えにくいです。
(自分は薬屋で働いて一年以上過ぎてから知った事なので)
けれどそれらは登録販売者が売ることが出来る薬です。

投稿: かるみあ | 2009年6月 8日 (月) 08時45分

登録販売者の求人や時給で検索するとこちらのサイトが時給1600円で引っかかります

最新日記では600円代とか700円代になっているのをみると鬱になりますね(´・ω・`)
ブログ主さんも鬱ですか?怒りか何かを感じます

投稿: | 2009年6月 8日 (月) 13時59分

登録販売者と薬剤師がうまくやっていければ
お互い仕事の負担が減るし、
いい職場になりそうですけどね(*^_^*)
どちらも日々勉強なわけですし。
薬剤師だって知らないことはたくさんありますからsad

投稿: ミホ | 2009年6月 9日 (火) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6月1日 | トップページ | 検索ワード/フレーズ »