« 2つのグループ | トップページ | 登録販売者試験 »

新型インフルエンザ

先日、厚生労働省検疫官 木村盛世氏のインタビュー記事を読ませていただいた時に、新型インフルエンザの感染が水際の検疫以外でも確認されるのは時間の問題だろうなと思っていたら案の定そうなった。

何日か前の地元の新聞に、新型インフルエンザをめぐって保健所と現場医師とがバトルを繰り広げている様子がデカデカと掲載されていた。

医師側は現場には対応するだけの医師も専門のスタッフもいないし、設備もないと訴えているのに、そこをなんとか協力をお願いしたいと医師に訴える保健所側。

何をいまさら、ねぼけたこと言ってんだよと思いましたね。

何年も前からこの地域では医師が不足していることを知っているのは保健所のはず。

右隣の町には出産できる病院は1つしかない。

そして左隣の町では出産できる病院はゼロという状況。

でもある医師は「ウチは公立病院だから市から要請があれば無理してでもやらざる得ないだろう。」なんて語っていましたが、無理なものは無理ってはっきりと態度で示さないから、どんどんエスカレートする過酷な労働条件に嫌気をさして医師が現場を去っていくんでしょーが、わかってねーなーとぼやいてしまいました。

国にはっきりと「現場にそんなお金ありませんから無理です!!」って言えばいいのに。

言わないから財務次官に「現在のところ、特に予算面で新しい措置を講じなくても対応が可能だ」なんて言われるんじゃないんですかね~。

さっき5月16日21時40分配信の産経新聞の記事を読んでいたんですが、今日の神戸いろいろ大変だったようですね。

ホテルのキャンセル、マスク完売、こんなことが日本中のあちこちでこれから起こっていくんでしょうかね。

こちらの地域では医療現場はすでに崩壊しているため、できるだけ自己防衛するのはいいことだと思うんですよね。

たとえ過剰反応だと言われても、こちらには発熱外来なんてまだないですから。

コンビニチェーン「セブンイレブンジャパン」は17日から神戸市内の95店舗の従業員にマスクの着用を義務付けるようですが、当然、神戸市内のドラッグストア従業員もマスク着用してるんですよね。

まぁ、マスクしてたって感染する時はしますけどね。

|

« 2つのグループ | トップページ | 登録販売者試験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2つのグループ | トップページ | 登録販売者試験 »