« 実務証明書 | トップページ | 少数派 »

地域事情

各ブロックの第1回登録販売者試験出願者数受験者数を見てみると色々な事が見えてきますね。

第2回目を実施しない地域があることも納得です。

第2回目を実施しない地域では登録販売者の求人すら出ない可能性大ですよね。

田舎のドラッグストアでは正社員の登録販売者が各店2名いればなんとかなるらしいですし。

私が暮らす田舎町の各ドラッグストアが欲しい人材というのは4時間勤務のレジ要員(時給600円台)と薬剤師のみです。

需要と供給のバランスからいうと四国ブロックの試験内容は妥当ということです。

ウチの店の近くに王様の経営される調剤併設ドラッグストアが出来ようもんなら喜んで薬剤師さんたちはそちらへ転職されるでしょうし、ウチの店は間違いなく業績不振で廃業を余儀なくされるでしょう。

私のような転勤不可の登録販売者などどこのドラッグストアも不要というわけです。

このような地域事情が見えてくると登録販売者試験の難易度も東京以外はもしかしたら四国ブロック並になってくるのかもしれませんね。

それに各ドラッグストアでの登録販売者の待遇がおおやけになってくると受験を希望されるパートさんも少なくなるのではないでしょうか。

田舎ではホームヘルパーの資格を取って働いた方が断然時給はいいはずです。

でもその時給のいいホームヘルパーでさえ、「思っていた仕事内容と違った。」という理由で辞めていく人が多いというのが現状だったりします。

|

« 実務証明書 | トップページ | 少数派 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 実務証明書 | トップページ | 少数派 »