« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

ドラゴンズ卒業

いつも読ませていただいているToshikichiさんのブログを読み、「ノリさんドラゴンズ卒業おめでとうございます。そして2年間どうもありがとうございました。楽天に行ってもノリさんを応援します。」とココロの中でつぶやいていたわたし。

Toshikichiさんのブログからノリさんの感謝の念、そして送り出す落合監督の愛情に満ちた思いがいっぱい伝わってきてうるうるきました。

「落合野球」を学びそしてこれから「ノムラ野球」を学ぶノリさん、きっと素晴らしい指導者になることでしょう。^^

「将来的にはドラゴンズと楽天で日本シリーズを戦いたいです。」とノリさんが語ってくださっておりますが、その将来が来季だといいですよね。

| | コメント (0)

素敵な演奏者

携帯からこんのさんのブログにアクセスしたら「久々のあの方ネタ」というタイトルが目に飛び込んできた。

flairsign03きっと鬼塚さんネタだと思ってタイトルをクリックしたらやっぱりそうでした。( ´艸`)

もちろんsign03私のブログでも紹介させていただきます~note

鬼塚さんの演奏を聴いていたらLittle DJ―小さな恋の物語 (ポプラ文庫 お 1-1)を読んでみたくなりました。

もちろんLittle DJ 小さな恋の物語 [DVD]も観てみたいと思います。^^

そして何故か鬼塚さんの演奏曲を聴くと心がとっても前向きになるので毎日聴かせていただきます。(*`・ω・´*)ゝ

| | コメント (1)

X'masとexam

ブログパーツ「Xmas count down」を見た時、一瞬X'masexamに見えてしまった。(笑)

そう12月25日といえば、東京ビッグサイトです。

第2回目の試験が行われる日なのであります。(* ̄  ̄)b

時折私のブログに第2回目の試験を受けられる方が訪問してくださっているようだったので、その方にエールを送る意味で「Xmas count down」のブログパーツを設置いたしました。(*`・ω・´*)ゝ

その方が再度私のブログを訪問されるかどうかはわかりませんが訪問される度に東京ビッグサイトカウントダウンをして「よしsign03ラストスパートやsign03」とエンジン全開でやる気を出して最後の追い込みに入ってくださったら嬉しく思います。

| | コメント (0)

ブログ巡り

皆さまもすでにキーワード検索をしてお読みになっているかもしれませんが、とにかく素晴らしい記事を書いてくださっている方がいらしゃいます。

http://katoler.cocolog-nifty.com/marketing/2008/11/post-5ac1.html

マスコミは例の奥田碩座長さまのお言葉により厚労省たたきはできなくなりましたものね。

「朝から晩まで年金や保険のことで厚労省たたきをやっている。あれだけたたかれるのは異常な話。正直言ってマスコミに報復してやろうか。スポンサーでも降りてやろうかと」

スポンサー降りるなんて言われたら手も足も出せませんわよね。

でも多くのブロガーさん達はこの「奥田発言」を記事にしているんですよね。

「トヨタ車不買運動でも起こしたらいいのでは?」とか、「トヨタはもう買わない」という書き込みをけっこう見かけます。

「僕は一生トヨタの車は買わない事にしました。こんなメーカー信用ならねえよ。」とご自分のブログに書かれている方もいらっしゃいます。

ブログの発信力は侮れません。

現場で一生懸命車を売っているトヨタのセールスさんが気の毒でなりません。

| | コメント (0)

「対面の原則」の実態

「大衆薬のネット通販禁止を-薬害被害団体など」医療・介護情報CBニュース)を読ませていただきました。

要望書を提出された14団体さまには是非私の職場を抜き打ちで見学していただきたいと思いました。

ン百坪店舗のドラッグストアの薬剤師、そして登録販売者試験に合格した★人のスタッフが現場で何をしているのか、これだけ多数の医薬品の専門家がいながらなぜ医薬品売り場にスタッフは誰もいないのか。

法律がどう変わろうが現場は何も変わらないという実態を見ていただきたいものです。

ウチの店には登録販売者と呼ばれる食品担当、雑貨担当、化粧品担当は常駐していても登録販売者と呼ばれる医薬品担当者はおりませんが。(笑)

田舎ではドラッグストアはコンビニよりも時給が低いためバイトすら確保できないわけです。

そーいうわけで今後の私の主な業務はどうも雑貨&食品レジ業務がメインになりそうです。

つまり登録販売者と呼ばれるレジ担当ですね。

当然、医薬品コーナーは薬務課が来ない限り無人なわけですよ。

でも登録販売者と呼ばれる私が医薬品食品&雑貨と一緒にレジで無言でスキャンする。

確かに「対面の原則」は満たしてますよね。

専門家と医薬品購入者が直接顔を合わせているんですから。(笑)

「対面の原則」の実態は無人の医薬品コーナーで買い物カゴに入れられた薬を無言でスキャンする私、ネットで医薬品を購入するのと何らかわんないってことです。

第一類を扱うメーカーのセールスさんなんて実際「ホントは第一類だって全然セルフでOKなのに○○○団体の利権がからんでるから話は複雑なのよー。」とぼやいてますもんねー。

業界の裏話を聞いておりますとなおさら第一類を登録販売者が販売できない仕組みが不思議で不思議でしょうがないですねー。

ネット業界みたく世論に問いかけて声を上げて行動を起こしていく力が某団体にあれば登録販売者が第一類を販売できるようになったのかなと思ったりもするけど。

確かに第一類のTVCMを見る限りセルフやネットで気軽に買えて当然って思いますもんね。

そうそう、薬害被害者の方のもう一つの声をご紹介しておきましょうかね。

薬害被害者が嘆息するOTC売り場の荒廃

「確かに、一部のドラッグストアの販売の仕方はひどい。」

あ、ウチの店もこの一部に含まれると思いましたもん。sweat01

薬剤師の接客の仕方で“荒廃”なら登録販売者なら“崩壊”と書かれるのかなぁ。sweat01

まぁ何言われてもすべてそれは事実なんだけどね。_| ̄|○

| | コメント (2)

調剤併設

なかのひとに「日本調剤」のあしあとが残っていた。

どこかで聞いた名前などと、先日の報道のことなどすっかり忘れていた。sweat01

「日本調剤」の方も熱心に色々情報収集されているのですねー。

そーいえば私もブログの存在を知ってからは、情報が欲しい時はまずブログで検索してますもんねー。

現場の生の声を知るにはブログが一番ですよね。

今日、日経MJでヤマダ電機関連の記事を読んでいて、ドラッグストアが生き残っていくには調剤併設しかないのかなーとしみぢみ思ったのであります。

資本力のないドラッグストアなんてヤマダ電機の本気に太刀打ちできませんて。sweat01

ドラッグストアから登録販売者としてヤマダ電機へ転職される方もいますよね。(b^-゜)

転職される方々を陰ながら応援しております。

| | コメント (0)

気になる記事

日薬、ドラッグストア協会が連合軍

「ネット販売規制」に反対する規制改革会議に対抗

楽天、ヤフーといったネット通販大手や政府の規制改革会議などに対して、薬業小売団体は猛反発。

医薬経済社のサイトで見かけたものの、記事は会員じゃないと読めないのです。

でも記事をブログで紹介してくださってる方がいらっしゃいました。

記事をお読みになりたい方は

ブログ「産科医療のこれから」にアクセスして

本日の医療ニュース11月15日をお読みください。

有名なあのお方が登場しております。

あのお方に絶大な力がなければ関東&大阪の試験問題はどうなっていたのでしょうね。(謎)

行政にどのような働きかけをしたのかお知りになりたい方は薬事日報2007年7月10日の記事をお読みくださいませ。

そうそう、皆さまは架空の物語オペレッタ「登録販売者試験の憂鬱」はもうお読みになってましたか?

なまなましい物語ではありますが架空の物語であることをお忘れなく。

| | コメント (1)

業務提携の行方

「コンビニの常識を覆す新事業」

東京在住の方は既にご存知だと思いますが、またコンビニが登録販売者の募集をしてますね。

となると、王様がお声をかけたコンビニはやはり、あのコンビニだったということですね。( ̄m ̄* )ムフッ♪

その後お話が進んでいるのかどうかはわかりませんが、私的にいまだに非常に気になっているのが●◆▲★との業務提携解消時の王様のプレスリリースだ。

王様の恨み節、狼狽と怒りがにじみ出ておりましたものね。

「背信行為」とまで言われた側にも深い深い事情があるんだよね。

「背信行為」と非難されても結果的にその選択のおかげで企業として生き残れたなら結果オーライだよね。

あのコンビニだってあの業務提携解消時に裏でいったい何があったのかちゃんと調べた上で業務提携するしないの判断をするよね。

王様の本命のコンビニは私としても個人的な事情で一番気になるコンビニなだけに、今回の提携話を踏み台にコンビニ業界NO.1の医薬品販売実績をたたき出すまでに成長して欲しいな~って思っております。^^

| | コメント (0)

不透明

医薬品コンビニ販売、消えぬ「障壁」(日経ネットPlus)の記事を読み実務証明書に関するコメントを書いて送信したのだけど掲載はされませんでした。

ドラッグストア勤務という言葉を入れたのがいけなかったのか、コメントの内容が露骨すぎたのかボツになった理由は不明です。

もしかしたら、ドラッグストアで大量に発行された実務証明書の内容に触れる記事はメディアではタブー扱いになっているのでしょうか。

大衆薬、不透明な「通販禁止」日経ネットPlus)という記事も読ませていただいたが、通販禁止も不透明なら実務証明書も不透明そのものってのが私の感想です。

登録販売者制度が導入される前からこんなにゴタついてて、いざふたをあけてみたら肝心要の登録販売者の資質に問題だらけなんて記事があちこちで書かれたらいったいどーすんでしょうねー。

ウチなんて登録販売者向けの研修なんてないですしねー。

会社のお偉いさんいわく「合格者からの希望もないから。」だとさ。

8月に合格を決めた正社員さん、そして10月受験の私、みーんな仲良く覚えたことはすでに忘却のかなたなりよ。(オイ)

| | コメント (0)

日経ネットPlus

ケンコーコムさんのブログで日経ネットPlusのオリジナル特集 点検 ちぐはぐ規制の存在を知り早速会員登録しました。

医薬品コンビニ販売、消えぬ「障壁」

是非、皆さまも会員登録(無料)をして読んでみてください。

記事内容は著作権のからみでここには書けませんが、一人でも多くの方々にこのちぐはぐ規制の存在を知って頂きたいと思いました。

実務経験の実態がずばり書かれてあるのですが、もうこれは業界の暗黙の了解なんでしょうね~。

そーいえばとあるブロックでは8名の「受験無効者」がいたようですが、内部告発を元に調べたのでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野球ノート

野球ノート
さすがに今日のデイリーのトップ一面は「西武日本一」だった。
デイリーの記事で渡辺監督を支えてきた“バイブル”の存在を知った。
彼は現役時代名だたる名将の下でプレーしてきたのだ。
広岡さん、森さん、野村さんから学んだこと、そして自分のこれまでの経験がつづられた「野球ノート」は今季西武ドームの監督室にずっと置かれていたようだ。
26年ぶりのBクラスだった昨年から一気に上り詰めた頂点。
お金で日本一は買えないってことよね。(オイ)
単純なあたしなんて、どーせ勝つのはお金持ちの球団に決まってるんだからなどと始まる前から決めつけてこのシリーズは全くの無関心でした。
今となってはWBCの監督はやはり「日本一監督」でと決まった方がよかったのかなって思うのであります。
お金もかけずスーパースターもいないチームの日本一はやはり価値がありますよね。
デイリーに西武・中村剛也選手の手記が掲載されていたんですけど「年棒で野球やるんじゃないってのを見せたかった。」
という言葉にあたくしもう拍手喝采いたしました。
彼が高額の年棒を手にするようになっても今のその気持ちをずっとずっと持ち続けて欲しいな~って思いました。

寛容力 ~怒らないから選手は伸びる~

寛容力 ~怒らないから選手は伸びる~

読んでみよっかな♪ 

| | コメント (1)

不信感

キーワード検索で「パート時給1600円」の記事にアクセスしてくださる方が非常に多いです。

ある訪問者の足跡をたどってみた。

リンク元はとある検索サイトだった。

検索ワードは「登録販売者 求人」

私もその訪問者と全く同じようにして自分のブログに来てみた。

私のブログは6番目に表示されていた。

クリックしてみると「注目求人」という記事が出てきた。

自分で記事を書いておきながらへぇ~8月にこんな記事を書いてたんだ~と自分の記事を読み返す。

その検索サイトには登録販売者の求人サイトがずらずら並んでいた。

以前に偶然見かけたパート時給1600円のサイトが出てきた。

な、なんと今はそのパート時給1600円が削除されているではないかsign03

「経験・能力を考慮した会社規定に準ずるという言葉に書き換えられていた。

多分、手当てはナシに等しいドラッグストアが多いとわかったからパート時給1600円は不適切と判断したのではないだろうか。

私が見かけたサイトを運営されている会社の方には申し訳ないが私はこの一件でこの会社への不信感を募らせてしまった。

これから多くの登録販売者がいろんな転職サイトへ登録されると思うのですが転職後に以前の職場の方がまだマシだったと後悔する人も結構出てきそうですよね。

企業側って企業が損するような都合の悪いことってバレるまで隠しますもんね。

私もこの削除されたパート時給1600円」の一件を今後の転職活動の際の教訓にさせていただこうと思っております。

| | コメント (1)

愛着

愛着

アクセス解析リンク元ページ・サイトにドーモさんのURLがあった。

flairドーモさんのブログのアクセス解析リンク元ページ・サイトには私のブログのURLがあるんでしょうね~。(笑)

11月になって私のブログ経由で解きながら学ぶ登録販売者試験対策問題集 を購入された方がいるんですね~。

私自身今もなお愛用している問題集だけにとても嬉しく思います。

これから受験される方の中には職場ですでに合格された方からこの問題集を譲り受けた方もいらっしゃることと思います。

是非「はじめに」のページの團野浩社長様の言葉をじっくり味わいながらを読んでみてください。

「はじめに」2ページ目には試験の難易度に言及した箇所もあります。

一部の地域以外はまさに團野浩社長様のお言葉通りとなりました。

某団体の行政への強烈な働きかけを常に聞かされていた私は「形だけの勉強で大丈夫」「簡単な問題しか出ない」という言葉を信じて疑いませんでした。

関東ブロックの試験終了時には「ほらね、やっぱり簡単だったでしょ。実務経験なんてなくたって解けるでしょ。」と職場でみんなと語り合ってました。

でもそんな考え方を一掃してくれたのが北海道・東北ブロックの試験でした。

これから受験される方は各地の試験問題を解いていく前にまず解きながら学ぶ登録販売者試験対策問題集を一通り解いてみてくださいね。

解きながら学ぶ登録販売者試験対策問題集 でしっかりと基礎固めをしておけばどんな難易度の問題に当たっても確実に7割はとれますから。

| | コメント (1)

ドーモさんのブログ

私のブログ記事の下には必ずSponsored Linkがついている

Google経由、Yahoo経由、ブックマーク経由とアクセス経由が違えば表示されるSponsored Linkも全然違う。

私が自分のブログを見るときはココログの管理画面からアクセスするわけだけど、なんと、Sponsored Linkの一番上にあのドーモさんが表示されているではないか。

早速ドーモさんのHPへお邪魔いたしました。

さすがsign03ドーモさんです。^^

ブログを開設されてました。

「登録販売者試験 問題解説ブログ」

http://www.do-mo.jp/mondai/

ネット上でお勉強するのが苦にならない方向けですね。

私は典型的なアナログ人間ですから手引きを書き写す派です。(笑)

問題を解いては出題されている手引きのページを開きノートに書き写すという作業を繰り返しました。

これをもっと念入りにやっておけば満点取れてたんですけど、まさか、マニア向けの試験じゃないんだからココは出さないよね~と勝手に判断しノートに書き写さなかった数箇所、その数箇所が見事に出題されてたわけです。(笑)

そーいえば最終ブロックの難易度に関する某団体のコメントを見かけませんよね。

例の将来的には全店舗の5割、500店舗くらいを調剤併設型に持っていきたいと日本調剤と提携したあの記事を読んだ時、え゛ッ!?もう登録販売者はいらないの?って思いましたもん。

登録販売者が増えれば異業種の参入を促し競合環境が一層厳しさを増すってことですもんね。

専門性強化・調剤事業強化を戦略目標に掲げることができないドラッグストアは淘汰されていくのでしょうかね。

専門性強化・調剤事業強化となると欲しい人材は登録販売者ではなくて薬剤師ですよね。

ますます登録販売者って24時間営業の為に必要な低賃金労働者って気がしてきました。

え゛ッ!?気のせい?sweat01

でもつじつまがあうんですよね。

24時間営業店舗が増えるであろう関東と大阪の難易度と当面24時間営業には踏み切らないであろう地方の難易度の差。

え゛ッ!?これも気のせい?sweat01

| | コメント (2)

Yes、We can!

http://www.asahi.com/international/update/1106/TKY200811050346.html

「Yes、We can!」

オバマ氏の言葉は力強くて前向きでそしてわかりやすい。

だからダイレクトに心に響いてくる。

そして強烈なインスピレーションを与えてくれる。

合衆国再生―大いなる希望を抱いて を是非読ませていただきます。

| | コメント (0)

共通点

ようやく最終ブロックの試験に落ちた人の話をチラホラ耳にしだした。

最終ブロックということもあり急遽受験を決意して独学で勉強し始めた人だったり、本人は全く受ける意思がなかったのに正社員が受けるのは義務だと言われイヤイヤ受験した人だったり、異業種からドラッグストアに転職してきたものの医薬品に関してはさっぱりわからないという人だったり、今は化粧品コーナーで働いているという人だったり、ドラッグストア企業の内勤の人だったりと、受験資格に求められている実務経験に内容が伴っていない人たちがどうもふるいにかけられたようだ。

で、全員に共通していたのが東京&大阪の問題なら確実に7割とれていたということだった。

最終ブロックで付け焼刃で合格できた人もいるのだろうか?

私も付け焼刃組に属すると認識しているが、廃業したとあるお店の医薬品コーナーでの5年の実務経験に助けられたような気がする。

頭で覚えた知識はすぐに忘れるけど、身体で覚えた知識は接客したお客さんの事と一緒にいつまでも頭の片隅にあるものだな~としみぢみ思った。

当時、その店で一緒に勤務していた医薬品販売歴15年以上の大ベテランの方も家族の介護でほとんど勉強する時間が取れないということで最終ブロックでの受験となったわけだけど、きっちり合格を決めていた。

最終ブロックの試験問題は今回大人の事情により大量発行された実務証明書に対する無言のメッセージだったのかもしれない。

様々なことを浮き彫りにしてくれた最終ブロックの試験問題を作成してくださった方々に心から感謝している。

| | コメント (0)

スタバ缶コーヒー

スタバ缶コーヒー
「スターバックスダブルショット」(140g179円)飲んでみたいな~。
首都圏を中心とした一都十県のコンビニで販売してるみたいだけど。
ン!?

ってことは北海道や大阪&京都では販売しないんだ~。
スタバのチルドカップコーヒーみたく田舎のコンビニでも販売してくれたらいいのにな~。

| | コメント (0)

少数派

「登録販売者」をテーマにしたブログは非常に少ない。
8月の関東ブロックの試験終了後、ブログの更新をやめた方もいる。
なんとなくその気持ちはわかる。
さすがに私も関東ブロックの試験問題には引いた。(笑)
私のブログを訪問して下さる方々の検索ワード/フレーズには必ず「登録販売者」という言葉が含まれている。
99%の訪問者が登録販売者関係の人達のようだ。
大元の厚生労働省の方にも愛読(?)していただいている為、私のブログには厚生労働省へのメッセージがたくさん含まれていたりする。
訪問者の中には私のブログ記事をとある場所にコピペする方もいらっしゃるようです。(笑)
ネットの世界といえどテーマが特殊だと「世間は狭い」ということになるのでしょうね。

今もなお「登録販売」をテーマにブログを更新して下さっている一握りの方々には心から感謝をしております。
更新を続けていらっしゃる皆さまのブログを訪問させていただく度にいろいろ考えさせられる機会を与えていただいております。

| | コメント (0)

地域事情

各ブロックの第1回登録販売者試験出願者数受験者数を見てみると色々な事が見えてきますね。

第2回目を実施しない地域があることも納得です。

第2回目を実施しない地域では登録販売者の求人すら出ない可能性大ですよね。

田舎のドラッグストアでは正社員の登録販売者が各店2名いればなんとかなるらしいですし。

私が暮らす田舎町の各ドラッグストアが欲しい人材というのは4時間勤務のレジ要員(時給600円台)と薬剤師のみです。

需要と供給のバランスからいうと四国ブロックの試験内容は妥当ということです。

ウチの店の近くに王様の経営される調剤併設ドラッグストアが出来ようもんなら喜んで薬剤師さんたちはそちらへ転職されるでしょうし、ウチの店は間違いなく業績不振で廃業を余儀なくされるでしょう。

私のような転勤不可の登録販売者などどこのドラッグストアも不要というわけです。

このような地域事情が見えてくると登録販売者試験の難易度も東京以外はもしかしたら四国ブロック並になってくるのかもしれませんね。

それに各ドラッグストアでの登録販売者の待遇がおおやけになってくると受験を希望されるパートさんも少なくなるのではないでしょうか。

田舎ではホームヘルパーの資格を取って働いた方が断然時給はいいはずです。

でもその時給のいいホームヘルパーでさえ、「思っていた仕事内容と違った。」という理由で辞めていく人が多いというのが現状だったりします。

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »