« 近況 | トップページ | 大絶賛 »

声に出すと確実に記憶に定着するのですね。

教えるという機会を与えてくれた、同僚のNさんに感謝。<(_ _*)> アリガトォ

予定していた範囲を終えることはできなかった。

Nさんはみんなから間接的な支援を受けている。

買ったけどもう使わないからと「手引き」「JACDSのテキスト」をもらっている。

「手引き」を手放したCさん、「JACDSのテキスト」を手放したJさんも受験生なのだ。

ホント、勉強方法って人それぞれである。

知識ゼロで勉強会に参加したことのないNさんにとっては「手引き」は全く使い物にならないと言う。

彼女に教えながら実感したのだけど、知識ゼロの状態で会社側から何の支援も受けれないけど、受験したいという人にはJACDSの教材がいいのかもしれない。

全文に振り仮名がついていたし。

覚えやすいようにポイントをまとめてくれていたし。

医薬品に関心などなかった彼女は、成分をどうまとめていいかもわからないと言う。

「まとめ方がわからなくても、この表があるのだから、これを全部覚えて!!ここは全部大事だから!!ここで絶対点を落とすことがないように!!大丈夫!!忘れたらまた覚えるの繰り返しでいいのだから!!」と力説しているわたし。(笑)

彼女もちゃんと予習をしてきていた。

勉強時間が取れない状況であることは知っていたので感動した。

全文にアンダーラインを引いているものだから、ポイントとなるところは色を変えて後で見てわかるように丸く囲ってもらったりと、そんなところから教えていかないといけないわけかぁと思ったりもしたけど、学ぼうという彼女の熱い思いがヒシヒシと伝わってくるので、教える私も熱くなる。

店内に私達の“熱気”が伝わっているような気がした。

いろんなところに相乗効果が出てきている。

「気」というものがこれだけ絶大な効果をもたらしてくれるとは驚きである。

|

« 近況 | トップページ | 大絶賛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 近況 | トップページ | 大絶賛 »