« 接客 | トップページ | 貴社 »

漢方処方製剤

ネット講座で漢方処方製剤の問題を解くたびに、ウチにも近所のドラッグストアにも置いていないよな~意味ねぇ~と思いながら渋々暗記している。sweat01
葛根湯加川キュウ辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)
荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)
十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)
消風散(しょうふうさん)
辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)
当帰飲子(とうきいんし)
まずふりがながないと読めやしない。sweat01
一瞬中国語を勉強している気分になったりもする。
試験勉強の息抜きにと私のブログへ訪問された方いらっしゃいますか?
せっかくですから、ここでもお勉強をしましょう。
上記の漢方処方製剤は、いずれもアレルギーに関連する症状に用いられるものだって、すぐわかった方いらしゃいますか?
でもって、主に皮膚の症状を適応とするものと主に鼻の症状を適応とするものに分類することができますか?
まだまだお勉強は続きますよ~。
「分泌物が多い慢性湿疹に適すとされるのはどれ?」
「冷え症の人における、分泌物が少ない慢性湿疹 、かゆみの症状に適すのはどれ?」
「まれに重篤な副作用として肝機能障害を生じることが知られているのは?どれとどれ?」
「構成生薬としてカンゾウを含まないのはどれ?」
全くわからなかった受験生の皆さま、答えは、そうnote自分で調べて書いて暗記するしかないのです。
手引きP139-140をしっかり暗記されている方は全問正解のはず。
最近、私もなんとなくお勉強モードに突入したようです。
え゛!?遅いって?(笑)
会社での勉強会も講義形式から模試のオンパレードに様変わりしてきたので、さすがに私もあせって暗記をスタートさせました。sweat01
不合格という結果はやっぱり悔しいだろうな~とその時の悔しさを想像しながら暗記にひたすら励むわたしです。
でも最近、会社から入ってくる情報を聞くたびに、この試験において不合格者を出す勇気が行政にあるのだろうか?などと深読みしてしまうこともあります。
行政にどこからどのような圧力がかかっているかは存知あげませんが。

|

« 接客 | トップページ | 貴社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 接客 | トップページ | 貴社 »