« 厚生労働省例題 | トップページ | 春のワルツ »

劇薬

ネット講座で「厚生労働省例題」を解いている。

「劇薬を貯蔵又は陳列する場所については、かぎをほどこさなければならない。」

これは誤りの記述なのだそうだ。

私はウチの店の管理状況を思い浮かべ正しい記述だと思った。

薬事法第四十八条第一項で「業務上毒薬または劇薬を取り扱う者は、これをほかの物と区別して、貯蔵し、または陳列しなければならない。」とされ、さらに同第ニ項では、「前項の場合において、毒薬を貯蔵し、または陳列する場所には、かぎを施さなければならない。」と規定されており、かぎを施さなければならないのは毒薬を貯蔵または陳列する場所についてであり、劇薬にはこの規定はあたらないということらしい。φ(・_・。 )フムフム

私の頭の中では劇薬=毒薬の構図が勝手にできあがっていたようです。

ネット講座では各問題に難易度が表示されているのですが、医薬品の貯蔵、陳列に関する問題は「上級」となっていました。

過去の薬種商試験の問題を解いている時も思ったのですが、確かに難易度は上級かもしれないけれど医薬品を販売する者の義務として知っておくべきことばかりだなぁって思ったんですよね。

でも全く知らなくても現在の業務になんの支障もきたさないっていうのが現実なんですよね~。

|

« 厚生労働省例題 | トップページ | 春のワルツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 厚生労働省例題 | トップページ | 春のワルツ »